男鹿や湯瀬など秋田にある格安温泉宿をエリア別で案内します

トップページ
トップページ > 秋田県の人気温泉地から探す

周辺エリアガイド

東北エリア

秋田県内の温泉地から人気どころ3ヶ所を厳選しました

男鹿温泉の格安宿(秋田県男鹿市)…3軒掲載しています

男鹿市の男鹿半島北部の日本海沿いに位置した温泉街で古くは日本書紀にも登場しており全国的には鬼の面と出刃包丁を持った「なまはげ」の里としても良く知られている場所です。

江戸時代のころより湯治場として慕われてきており今でも海水成分によく似た塩分が保湿効果を向上させている効果などから秋田の奥座敷として多くの観光客が訪れている。源泉温度56度のナトリウム塩化物泉で切り傷、関節痛、ねんざ、打撲、冷え性、不妊症、慢性婦人病などに効果があります。名産品としてはきりたんぽ鍋が特に有名。

湯瀬温泉の格安宿(秋田県鹿角市)…2軒掲載しています

鹿角市の米代川沿い位置し川瀬からも湯気をを出している豊富な湯量がある温泉地で今流行りの大型ホテルと昔ながらの湯治目的宿が絶妙に融合している場所である。

入浴するとお肌の潤いが増しみずみずしさが甦ってくることから多くの旅行雑誌などでは群馬の川中や和歌山の龍神と合わせて日本三大美人の湯として紹介されている。湧き出している温度は25〜60度のアルカリ性単純泉で神経・筋肉・関節痛、痔症、冷え性、疲労回復などの効能があります。

大湯温泉の格安宿(秋田県鹿角市)…0軒掲載しています

鹿角市の大湯川沿いに数件の格安旅館や民宿と4軒の公衆温泉浴場を有するエリアで十和田湖観光に来られた方々の宿泊拠点として利用されていることから十和田大湯とも呼ばれています。

今から800年ほど前に自然に湧き出た源泉はナトリウム塩化物泉でミネラル分が豊富なことから江戸時代には万病を治す湯治場として栄えていた場所である。効能としては皮膚病やリウマチ、神経痛、婦人病などがあげられます。秋田観光としては十和田湖をはじめ花輪スキー場や奥入瀬渓谷などが人気で、少し足を伸ばせば世界自然遺産に認定された白神山地があります。

北海・東北地方

SNS